読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車日記

自転車あそび、はじめました。

初輪行で森林公園~〆はもちろん、ひびきでしょ!

先日買った輪行バッグを使って、はじめての電車+自転車旅に挑戦してみることにしました。

行き先は東上線を下った先にある東松山駅からぐるりと廻って森林公園まで至るルート。実は、去年sono1を購入する前に一度現地のレンタサイクルを利用してめぐったサイクリングコースです。

 

さて、出発です。最寄の駅前で自転車を手早くバッグに収納し、電車に乗せます。もう収納手順は3回ほど練習しておいたので、かなりスムースにできるようになりました。手許の時計では収納で約7分弱といったところ。こんなものでしょう。

 

f:id:carlomenta:20160206031253j:plain

さすがに平日昼間の下り電車ですから、車内はガラガラ。
大きな輪行バッグも気兼ねなく先頭車両のスペースに置くことができます。余った肩ヒモの部分を手すりに結わえておけば、倒れる心配がないのでちょっと離れて座席につくことも可能です。

 

f:id:carlomenta:20160206031311j:plain

しばらく電車に揺られたのち、サイクリング出発地の東松山駅に到着。
およそ5分ちょっとで自転車は発進可能な状態にスタンバイOK。こりゃ楽チンでええわ~。


まず向かったのは、南埼玉が誇る歴史遺跡、吉見百穴(ひゃくあな)」です。東松山駅からは約2km弱と程近いところにあるので、あっという間に到着します。

 

f:id:carlomenta:20160206031322j:plain

観光の前に腹ごしらえを。百穴遺跡の向かいにある「松音屋」という地粉を使った地産地消がウリのうどんやさんです。
最近はうどんといえば讃岐うどんばかりが街を席巻していますが、久しぶりに昔ながらの関東風のうどんでした。柚子胡椒を少しずつ入れながら食べると美味しいです。

 

さて、目的のスポット「吉見百穴」へ向かいましょう。

f:id:carlomenta:20160206031344j:plain

爪で引っ掻けば崩れそうなほどに柔らかい凝灰岩でできた岩山に、無数の横穴が開いています。一つ一つが古代人のお墓であったそうな。

 

f:id:carlomenta:20160206031403j:plain

岩山の下部には、大東亜戦争時に軍需工場として使用したトンネルがあり、驚くほど奥深く長大な地下道の一部を見学することができます。

 

f:id:carlomenta:20160206031426j:plain

ここのもう一つの目玉は、国指定天然記念物の「ヒカリゴケ」自生地です。横穴の一つに自生するヒカリゴケを覗き見ることができます。

光る、というよりは外光を反射しているだけなのですが、確かに光って見えます。

 

f:id:carlomenta:20160206031441j:plain

岩山にも登ってみましょう。

f:id:carlomenta:20160206031452j:plain

岩山の上からは、秩父武甲山、さらにはるか浅間山までが見渡せます。

 


さて、吉見百穴はこれくらいにして、サイクリングを続けましょう。

f:id:carlomenta:20160206031508j:plain

市野川沿いの土手道をしばらく進んだ後、国道407号線に乗り換えます。
目指すは、国営武蔵丘陵森林公園です。
予定では県道307号線を伝って、森林公園の中央口につながるサイクリングロードを通るつもりだったのですが、どこをどう間違えたのか。

 

f:id:carlomenta:20160206031520j:plain

気がついたら森林公園の南口についていました。まあ、いいか。

 

森林公園内には全長17kmのサイクリング専用コースが整備されています。完全一方通行で、歩道ときっちり区分けされているため、気持ちの良い林の中をほとんどノーストップで快適に走ることができる、楽しい道です。

f:id:carlomenta:20160206031533j:plain

レンタサイクルもあるので、休日になると沢山の人が利用するコースなのですが、やはり平日なので人影もまばら。すいすい進んで森林浴を楽しみます。

 

f:id:carlomenta:20160206031544j:plain

休憩スポットも随所に用意されており至れり尽くせり。


スタート地点の南口はなんとなく寂しい雰囲気だったので、ぐるっと一週半廻って中央口をゴールにしました。

f:id:carlomenta:20160206031600j:plain

ここまで廻るのに30分程度ではありましたが、急カーブやアップダウンがあちこちにあるため、手ごたえは十分、満足しました。

 

f:id:carlomenta:20160206031618j:plain

公園の門は16時で閉まってしまうので、ここでお別れです。とても楽しかったのでまた来たいですね。

 

さて、ちょっと森林公園駅に用があったので、「森林公園緑道(県道47号)」を伝って駅に向かいます。

f:id:carlomenta:20160206031641j:plain

この道も自転車レーンが整備されているので、快適に進むことができます。

 

f:id:carlomenta:20160206031651j:plain

無事、森林公園駅に到着。
ここでちょっと喉を潤して帰ろうと思っていたのですが、駅前にはそれらしいお店がまったく見当たらないので、仕方なく3kmほど先の東松山駅までさらに自転車で移動することにしました。

 

f:id:carlomenta:20160206031701j:plain

そんなわけで、スタート地点の東松山駅まで戻ってきました。

 

何といってもここにきたら「ひびき」のやきトンを賞味せずんばあらずです。彩の国黒豚の特上やきトンに秘伝のみそだれをたっぷりつけていただきます。

f:id:carlomenta:20160206031721j:plain

この一杯が俺を蘇らせる…何度でもな。

 

帰りを心配せずにビールが飲めるというのも、輪行の大きなメリットですね。
後はポンッとバッグに自転車を詰めて、のんびり電車で帰るだけ。ああ、なんて楽チンなんだ!

 

こんなふうにして初輪行ツアーは大成功。今回は比較的近場でのトライでしたが、この気楽さは想像以上でした。これならもっと遠いところにも気軽に足を伸ばせそうです。

これからのサイクリングコース選びがますます楽しみになってきました。

 

 

■本日の走行記録

・走行距離   32.35km
・走行時間   1時間47分
・最高速度   40.8km/h
・平均速度   18.0km/h

・累積走行距離 1288.3km