自転車日記

自転車あそび、はじめました。

2018お花見サイクリング その2~さくら堤公園

世間様は日中の気温が夏日を記録しようかという、もうすっかり初夏の雰囲気になってきましたが、私の中ではまだまだ春は終わっていないんです。


去年も訪れた、吉身町のさくら堤公園に足を伸ばしてみましょう。


4月1日なんですが、この日は陽射しも強く自転車で走っているとじっとりと汗ばんできます。

この季節は昼間と夜の寒暖差がが激しいので、服装選びもなかなか難しいものですね。

距離にして約25km、2時間ばかり走ったところで現地に到着しました。

 

f:id:carlomenta:20180423010723j:plain

わぁぁ。。。

去年来た時はほぼ花の時期を過ぎてしまっていましたが、今回はバッチリ満開です。

 

 

f:id:carlomenta:20180423010757j:plain

約2kmにもわたる堤防状の遊歩道が、美しい桜並木に彩られています。

 

 

f:id:carlomenta:20180423010816j:plain

駅からもかなり離れた不便なエリアにあるお陰で、盛りの時期といえど道を歩く人はさほど多くなく、しっとり静かな雰囲気で桜を楽しむことができます。

 

f:id:carlomenta:20180423010832j:plain

土手には菜の花も咲き誇ってかぐわしい香りを振りまいています。

 

f:id:carlomenta:20180423010905j:plain

桜並木は各所にあれど、ここの桜はとても気に入りました。
また来年も来たいですね。

 

 ■本日の走行記録
・走行距離   38.79km
・走行時間   1時間40分
・最高速度   40.3km/h
・平均速度   23.1km/h
・累積走行距離 6091.5km

 

2018お花見サイクリング!~圧倒的すぎる熊谷桜堤、熊玉うどんで舌鼓

今年は3月下旬からかなり暖かかくなったお陰で、花の季節も早めに訪れ、そしてあっという間に去ってしまいましたね。

遅ればせですが、今年もお花見サイクリングに行ってまいりましたので、記録に残しておきましょう。


今年のターゲットは、熊谷駅付近の荒川土手にある、熊谷桜堤です。
全長2kmにも亘って桜と菜の花の饗宴が見れるという、関東屈指のお花見スポットです。今回は土日にちょっと用事がありましたため、3月29日の木曜日にわざわざお休みをとって出かけてまいりました。


出発はいつもどおり東松山駅からです。ここから荒川へ向かって一直線!というところですが、その前にどうしても見ておきたいところがあるので、まずは東松山駅から数キロほど西に向かいます。

f:id:carlomenta:20180410002729j:plain

あ、見えてきた。

 

f:id:carlomenta:20180410002752j:plain

吉見町最大の観光スポットにして、隠れたお花見エリアでもある吉見百穴です。
去年ここを訪れたときはすでに花の盛りは過ぎてしまったいたのですが。

 

f:id:carlomenta:20180410002812j:plain

今回は見事な花が満開!これはいいときに来ました。

桜の下では地元の小学生たちが遠足で訪れ、おいしそうなお弁当をほおばっています。
ああッ、なんて楽しそうなんだろう。。。いいなぁ。

 

f:id:carlomenta:20180410002859j:plain

市野川沿いに北を目指します。ここにも美しい染井吉野が咲き誇っています。
うーん、去年来たときのちょっとさびしげな雰囲気とはまるで違うぞ!

 

f:id:carlomenta:20180410002959j:plain

まさに満開、フルパワーの染井吉野です。この日はお天気もよくて最高の気分ですね。

 

さあ、先を急ぎましょう。

さらに12kmほど北上し、熊谷市に至る荒川大橋を渡ります。

f:id:carlomenta:20180410003025j:plain

彼方にお目当ての桜堤が見えてまいりました。早く近くで見たくてペダルを踏む足にもつい力が入ります。

さて、荒川北側の土手についてみますと。

 

f:id:carlomenta:20180410003130j:plain

うわぁぁぁぁっ!!!


土手の下に植えられた桜がちょうど目線の高さに迫ってきており、さらにそれがはるか遠方までずっと続いています。まるで真っ白な大波が打ち寄せるような大迫力。

こ、これはすごい。休みを取ってでも観にくる価値は大アリです。

 

f:id:carlomenta:20180410003230j:plain

平日だというのに大人も子供も随分とたくさんの人が来てこの春の大宴会を楽しんでいます。
平日でこれなら、一体休日だとどれほどの混雑になってしまうことやら。。。

 

f:id:carlomenta:20180410003332j:plain

菜の花の中に分け入って見上げると、もうこのお花の海の中でおぼれてしまいそうな錯覚が。

 

f:id:carlomenta:20180410003417j:plain

土手の下にも下りてみましょう。


道路では沢山の露店が出てまさに桜祭りもたけなわといった賑わい。

f:id:carlomenta:20180410003447j:plain

ええっと。。みなさん、平日ですよ~!?

 

f:id:carlomenta:20180410003529j:plain

桜の下ではシートを敷いてお酒をのむなり、おしゃべりするなり、お昼寝するなり、それぞれにこの素晴らしい桜を満喫しています。いやぁ、贅沢なものですよ。

この日は陽射しも暖かく風もほとんど吹いていないまさに絶好のお花見日和です。平日なのでスペースも十分にあり、ゆったりくつろげます。

 

f:id:carlomenta:20180410003605j:plain

桜には香りはありませんが、そのぶん菜の花がムッとするほどの甘い香りを漂わせています。

あまりに綺麗なので、土手の上をゆっくり往復してしまいました。

 

f:id:carlomenta:20180410003717j:plain

この素晴らしい景色も、あとせいぜい2,3日が見ごろなんでしょうねぇ。
いいタイミングで来れてよかったです。

 

f:id:carlomenta:20180410003747j:plain

この緩い傾斜が昼寝には最高です。仰向けになれば桜のカーテンが優しく包んでくれるという按配ですね。私もちょっと横になってみたかったのですが、この後にも予定が詰まっておりますゆえ、涙を呑んで先に進むことといたしました。

 


さて、桜堤を堪能した後はさらにお楽しみが待っています。

f:id:carlomenta:20180410003818j:plain

熊玉うどんですね。熊谷に来たらコレは外せません。
今回も迷った末、具だくさん肉汁うどんをオーダー。

ほどよいコシと太さのツルッツルの麺がスルリと胃袋に吸い込まれていく喉ごしの良さはやはり絶品。自作の七味で香りを加えたあとは、サービスの朝採れタマゴで〆ます。

やっぱうめぇなコレ。。。


楽しいお花見サイクリングでしたが、この日は夕方からうちのお神さんと一緒に夜桜見物をしに行く約束ですので、名残惜しいですがちょっと早めに帰路につくことにします。

 

f:id:carlomenta:20180410003856j:plain

綺麗だったなぁ。。また来年、最高の日を選んで観に来たいですね。

 

 

帰り道の途中、ひっそりとした桜並木の美しい小路がありましたのでパチリ。

f:id:carlomenta:20180410005513j:plain

ほんのわずかな期間の春ですが、あちこち見なければならないものがありすぎて本当に悩ましい季節でもあるのです。

 

 

 ■本日の走行記録
・走行距離   32.79km
・走行時間   1時間52分
・最高速度   49.5km/h
・平均速度   17.5km/h
・累積走行距離 5995.4km

 

 

異音の原因が判明~チェーン交換の効果、思ったよりいい感じ

チェーンを交換して試しに近所をぐるりとめぐってみましたところ、やはりどうもリア付近からの異音が気になります。
大きな音ではありませんが、ジリジリと何かがこすれるような音がしています。

うーむ、これはKMCチェーンの仕様なのだろうか。。。

 

ペダリングもなんとなく重い。いや、やはりこれはおかしいでしょう、ということで再度点検してみました。

 

音の発生源をつぶさに調べてみますと、どうやらリアディレイラーのガイドプーリー付近から発しているらしきことがわかりました。

 

アーム部分を裏から眺めてみますと、

 f:id:carlomenta:20180404014137j:plain

おや、何かが当たっている。これか!


なんのことはない、チェーンの通し方を間違っていたんですね。

恐らくチェーンのテンションが下がったときの外れ防止用でしょう、アームの部分には小さな板が付けられており、正しくはその板の下にチェーンを通さなくてはならなかったわけですね。

 

f:id:carlomenta:20180404214003j:plain

なんともお恥ずかしい、初歩中の初歩のミスでありました。
しかし早めに気づいてよかったですね。

 

さっそくチェーンを付け直します。こういうとき、ミッシングリンクはとても便利で助かりますね。工具もなしにサッと外してまたすぐ付け直すことができます。

 

f:id:carlomenta:20180404014206j:plain

はい、これが正しい状態。

間違った状態でしばらく動かしてしまったため、板の部分には少しキズがついてしまいましたが、これもまあ授業料ということで仕方ないでしょう。


さて、異音の謎は解けましたのであらためてNEWチェーンの乗り味とやらを試してみましたところ、


おおッッ!!

 

変速がとても滑らかになりました。フロント変速は調整し直したおかげもありますが、アウターからインナーに落とすときはもちろん、シフトアップするときもほとんど音なく、スルリと変速できるようになりました。
フロントの変速は上手く操作するのに苦労していましたが、これでかなりの性能アップ、フロント変速もコレまで以上に積極的に使えそうです!

 

さらにリア変速に至っては。

カチリ、とレバーを動かしても後輪からなんの音も振動も来ません。
えっ、いま変速したの!?というくらい滑らかで静かに変速するようになりました。

おおっ、チェーンを替えるだけでこんなに変速が良くなるなんて!

 

これは特に期待はしていなかっただけに、うれしい効果ですね。
見た目も希望どおりピカピカになりましたし、錆も注油さえ怠らなければ当分は心配ないでしょう。

 

結論。

チェーン交換、やってよかったー!!

 

sono1、メンテまつり~自転車いじりは命がけ

せっかくの休日も雨模様。
そんな日でも、自転車乗りには楽しい遊びがあるのです。

雨の休日はメンテまつりと洒落込みましょう!!


sono1購入後、ずっと楽しく乗ってきましたが、ここに来てどうしても我慢ならないことがあるのです。

f:id:carlomenta:20180327004930j:plain

もう、チェーンの錆がどうにも止まらないんです。ついこないだ注油したばっかりなのに、ちょっと雨粒を浴びたかな、くらいでもうこの始末。

 

錆が浮いてくるたんびにこまめに5-56で磨いてきましたが、ここに来てもう堪忍袋の緒が切れました。
チェーン全体としても、かなり黒ずんでしまっていくら磨いてもピカピカになりません。
メッキなどの表面処理がまったくされていない安物チェーン、シマノHG-40とはここに至ってついにオサラバして新しいチェーンに交換することといたしました。

 

外は雨降りで寒いので自宅内に自転車を持ち込みます。

f:id:carlomenta:20180327005035j:plain

家の中に自転車を入れたなど、神さんにバレでもしようものなら百叩きの刑は免れませんので、床もしっかり養生しておきます。


用意したNEWチェーンは、KMC X8.99です。

f:id:carlomenta:20180327005057j:plain

言うまでもなく総ニッケルメッキで防錆対策は万全、あこがれのピカピカタイプのチェーンです。

 

f:id:carlomenta:20180327005110j:plain

およそ1年半前に購入したチェーンカッターがようやく日の目を見ることになります。
安物ですが、針金状のチェーンフックもついていて必要十分な機能はありそうです。

 

さあ、まずは憎きシマノのチェーンをカットすることといたしましょう。

ガイドにカチッと嵌めてクランプをグリグリと回していくと、

f:id:carlomenta:20180327005138j:plain

後方からピンがニョロリ、と出てきました。思ったより力を込めて回さないと外れないものですね。


チェーンが外れましたら、元のチェーンと新しいKMCのチェーンの長さをあわせるべく、並べてみます。新しいチェーンはグリスがたっぷり塗られていて手がベトベトになります。

f:id:carlomenta:20180327005159j:plain

こうして見ると、シマノチェーンがいかに黒ずんでいたかは明らかですね。
KMCチェーンのきらびやかさたるや、ため息が出そうです。早く装着したいぞ!

ミッシングリンクも嵌めるのに結構てこずるかな、と思っていましたが、実際にやってみると力をいれることもなくカチッとはまってすごく簡単でした。

 

f:id:carlomenta:20180327005306j:plain

新チェーン装着完了!見よ、この輝きを!!
これは付け甲斐がありますなぁ。

 

今回、スプロケの掃除まではやるヒマがありませんでしたが、これだけピカピカのチェーンがついたわけですから、折をみて早めにクリーニングにかかりたいと思います。

チェーンを装着した後、早速変速性能などのチェックを行ってみましたところ、どうもフロントディレイラーの調子がよくありません。
マニュアルをみながらいろいろあれこれ試してみて、ようやくまあまあかな、というところで手をうちました。

 

しかし、なんとなくチェーンを回した時のノイズが大きくなったような気がするな。。。
ま、いいか。


さて、本日のメンテ計画はチェーン交換だけではありません。
気になるポイントその2、ブレーキワイヤーです。


自転車購入後数ヶ月で既にその兆候は現れていましたが、ワイヤーの露出部分は既に錆と汚れで真っ黒。自慢の5-56で磨いてみても相変わらずくすんだ表情のままです。

f:id:carlomenta:20180327005934j:plain

錆びたパーツを平気で乗りこなせるほど私は精神的にタフではありませんので、こいつもついでにピカピカのステンレスワイヤーにとっかえてしまいましょう。

 

用意した商品はこちら。

f:id:carlomenta:20180327005504j:plain

ワイヤーはアリゲーターのスリックステンレス。
アウターは今ついているものをそのまま流用しますが、内部の潤滑用にプレミアムグリースを。
ワイヤーエンドキャップは10個入りで80円
最近、サイクルパーツの購入にはヨドバシドットコムがかなり優秀なのに気づきました。

 

それではワイヤー交換作業に入ります。
まずはタイコの形状を確認しましょう。

f:id:carlomenta:20180327005534j:plain

うっ。。。汚ねぇ。。
まあいいや、タイコはやっぱりMTBタイプですね。フラットバー用レバーとはいえロード系コンポのクラリスなので、もしかしたらロード用タイコがついてるかと思ってましたが。

 

さて問題はワイヤーの切断です。
これといって道具を持ってなかったので、手元にあった100円ショップのニッパーで試しに切断してみます。

f:id:carlomenta:20180327005605j:plain

むむ。。ワイヤー先端がほつれるばかりで、全く切れません。
ただでさえ普通のニッパーごときでは切りにくいといわれているうえ、この100円ショップ製ではすでに刃先も完全につぶれてしまっており、金属はおろか爪楊枝すら切れるかわからない状態になっていました。

 

やはり、きちんとした専用品がないとだめですね。できるかぎり出費を抑えたかったのですが、仕方ないので作業を中断、ワイヤーカッターを買いにいきます。

f:id:carlomenta:20180327005634j:plain

買ってきたのはこちら。刃物でおなじみの新潟県燕三条のニッパー専業メーカー、ゴッドハンドの自転車用ワイヤーカッターです。もちろんうれしい日本製
「ろんぐらいだぁす」バージョンのロゴ入り限定モデルをゲット!やったぁ!!

 

早速試し切りと参りましょう。

f:id:carlomenta:20180327005733j:plain

果たせるかな、パツンッ!という小気味良い音とともに軽い力でワイヤーは一刀両断。
切れ口もこのとおり、ほつれどころか、断面が光っておりますぞ!

いやぁ、さすがは専用品です。いい道具を手にすると俄然やる気が出てまいりますね。

 

さて悦に入っているヒマはありません。思わぬ作業中断が入ってしまっため、もう日も暮れてしまいそうです。
かあちゃんが帰って来る前に全部片付けて、なにごともなかったかのように戻しておかなければ大変なことになります。
室内に自転車を持ち込んだなどと知れようものなら、市中曳き回しのうえ打首獄門は確実です。急がなきゃ!!

 

ワイヤーカッターのお陰で作業は順調に進み、グリスを薄く表面に塗ってワイヤーを通します。

f:id:carlomenta:20180327010014j:plain

調整作業も特に難しくはないので、あっさりと完了。

 

f:id:carlomenta:20180327010036j:plain

エンドキャップをカシメる機能もついています。いやあ、これ一本あればあらかたの作業はOKと実に良く出来た道具です。

 

うむ、出来上がり!

f:id:carlomenta:20180327010125j:plain

そのままリアブレーキの作業もさっさと済んでしまい、今日のメンテ祭りは無事完了となりました。肝心のブレーキタッチのほうですが、なんとなく、軽くなったような、大して変わらないような。。。!?

 

ともかく、ぼやぼやしてはいられません。もうすぐ神様のご帰宅の時間です。
何しろ犬の千倍の嗅覚を持つといわれるお神のことですから、ちょっとでもアブラの匂いなど残っていようものなら、たちまちのうちにこの悪事が露見することは間違いありません。

自転車を素早く片付け、ゴミを拾い、掃除機を入念にかけて証拠隠滅を図ります。部屋に匂いの残らぬよう、しっかり換気も怠りません。


よし、なんとか片付け完了。もとに戻りました。

f:id:carlomenta:20180327232545j:plain

ふうっ。


となったところで間一髪、ぼくの可愛いおかあちゃんが帰ってきました。

あ、あぶねぇ。。。。

 

しかし部屋に入るなり異変を察知したのかクンクンとにおいを嗅ぎだし、開口一番、

「なんか臭うわね」

 

はい、逝きましたーー。。。完全アウト!!

 

天網恢恢疎にして漏らさず。やはり神様の嗅覚をごまかすことなどできようはずがありません。私は両の手をさし伸ばして服従のポーズをとり、せめてお慈悲にすがる決心を固めました。

 


ところが、臭っていたのは私が作業中の一休みに食べていたオヤツの餃子の匂いだったことが判明。

 

た、助かった。。。

 

臭いの強いギョーザのお陰でアブラの気配もうまくカモフラージュされたようです。
こうして九死に一生を得た私は私は今日もくだらないブログを書き続けることができたのであります。


いやはや、サイクルメンテとはかくも命がけなのであります。

 

坂戸にっさい桜祭り~一足早く春到来

3月17日、埼玉県の坂戸市で「坂戸にっさい桜まつり」というのが開かれると聞いて出かけてみました。

桜といえば染井吉野、がおなじみですが、当地に植えられているのは「安行寒桜」という早咲きの品種で、まだ肌寒いこの時期でもすでに見ごろを迎えているとのことです。

 

f:id:carlomenta:20180322005529j:plain

17日は桜祭りのオープニングイベントも行われる予定で、よさこいなどの出し物もあるということでしたが、例によって出発が遅れに遅れ、当地に着いたのはもう夕方、イベントはもう終わって後片付けが始まっている状態でした。

 

f:id:carlomenta:20180322005613j:plain

そんなグウタラな私でも、美しい桜は優しく私を迎えてくれるのです。

 

f:id:carlomenta:20180322005632j:plain

かなり赤味のつよいかわいらしい色合いの花です。
まだ五部咲きといった感じですが、それでも十分にはなやかな景色を見せてくれています。


会場は越辺川にそって整備された北浅羽桜堤公園です。
土手にのぼって前傾を眺めてみましょう。

f:id:carlomenta:20180322005651j:plain

川にそっておよそ1kmにもわたって続く桜並木です。
時間も遅めなせいか、ゆっくりのんびり、散歩を楽しむことができます。

 

f:id:carlomenta:20180322005726j:plain

やはり桜をみると春がきたなぁ、と実感しますね。

 

f:id:carlomenta:20180322005753j:plain

例年よりも一足早く春の訪れを感じられて満足でした。やはり桜は染井吉野だけではないですね。

 

■本日の走行記録
・走行距離   59.7km
・走行時間   3時間24分
・最高速度   36.9km/h
・平均速度   17.5km/h
・累積走行距離 5939.5km

 

サイクルエキスポ2018 その2

サイクルエキスポ初日は強風のためミニサイクリングも中止、試乗コースも中止と波乱の幕開けとなってしまいました。
ヒマな私は失意に暮れる間もなく、リベンジすべく二日目もイベントに参加するのであります。

 

風もまだ前日の吹き反しが残るような不安定なお日柄ではありましたが、なんとか試乗コースも再開できているようです。
まずは初日に見かけて気になっていたバイクへ直行。

 

f:id:carlomenta:20180304013905j:plain

650cホイールを装備したコンパクトなカーボンロードバイクボーマ フェントです。
650c!!というだけで私の目はキラキラ輝いてしまいます。
もう、パッと見た目だけで「ああ、これ絶対俺に合うわ。。。」という匂いがプンプンするたたずまい。

 

果たして乗ってみますと、やはりですね。もうこれしかありません。
ハンドル幅はもう少し狭くていいかとも思いましたが、前傾姿勢の度合い、踏み込んだときの反応、加速感、すばらしい出来栄えの一台です。

 

文句無く、今年の試乗車ナンバーワンに決定~~ッ!!

 

BOMAのブースに出会ったことでもう一つ収穫がありました。

f:id:carlomenta:20180304014059j:plain

この「ウーラノス」ブランドのホイール、なんと完組で単体販売もしてるとのこと。
最近は次々と市場から姿を消す650c完組ホイール、まだまだ根強く売ってるところもあったんです!

でもどうせお高いんでしょ。。。と恐る恐るブースのスタッフに聞いてみましたところ、29,000円とまことにリーズナブル。おお、高すぎず安すぎず、ホビーユーザーの私の心の琴線を実に的確につま弾く価格設定ですこと!

 

一応、現物もチェックしておきましょう。

f:id:carlomenta:20180304014125j:plain

ロゴマークはシール貼りですね。リムハイトは24mmくらいかな?
ニップルもスポークもごくごくノーマルなパーツ選定で、はやりのエアロシェイプ的なものはありません。

f:id:carlomenta:20180304014146j:plain

ハブはエークラスのシールドベアリングだそうです。回転はいいですよ、とのこと。うん、よくわかりませんでした。

重量は前後で1880g。エントリークラスの完組みホイールとしては標準的なところでしょうか。


スタッフによると、もう採算度外視でつくったからコスパはかなりいいはず、とのことです。なんでも、BOMA FENTEをお店においてもらおうとしても「ホイールがないから扱いにくい」といって断られること頻りなため、自分たちで作っちゃったとか。

 

外見上あまりハッタリは効いてない感じではありますが、sono1標準のホイールよりは多少性能アップが見込めそうです。
何より、お手ごろ価格で650c完組ホイールを調達できる芽が出てきたのは朗報です。
いまのうちから、ちょっとずつお小遣いを節約して購入資金を準備してみましょうか。。。


なーんて夢膨らむ出会いにホクホクするのもつかの間、次の試乗車にうつります。

 

f:id:carlomenta:20180304014313j:plain

FUJIのアルミロードバイクNAOMIです。乗り物にはやはり女の名前をつけるのがいいと思います。

ジャストサイズだっただったBOMA FENTEの直後に乗ったせいか、やはりハンドルが少し遠く感じます。マットな塗装にシンプルなグラフィックの落ち着いたデザインは町乗りにも合いそうなオシャレ感がただよいます。
ガシガシ漕いでスピードを求めるよりは、ゆったりのんびり走りたくなるようなバイクですね。


そして今サイクルエキスポでの準優勝者はこちら。

f:id:carlomenta:20180304014344j:plain

メリダ スクルトゥーラ4000です。乗り心地、スピード感、操作性、文句なし。
メリダのバイクに乗るのは恐らく初めてですが、これはいいバイクです。こんなに良く進むのに、乗り心地は至ってマイルドで長距離走行も随分ラクになりそうです。

 

よし、買うぞ!

 

まだまだ乗ります。

コーダーブルーム/ネストのブースに戻って、こんどはエントリーモデルのクロスバイク、LIMIT2-Kに試乗。

f:id:carlomenta:20180304014428j:plain

5万円以下の廉価帯ながら、車重は10kgを切るなかなか優秀な自転車です。やはりクロスバイクはガッチリ、どっしりした安定感で乗ってて安心感がありますね。

 

ふと気になって、前日にも試乗した上位モデルのオルタナにももう一度乗って比べてみました。

どちらも車重は9kg台、スペック的にも大差はないように見えるのですが、やはりフラットバーロードのオルタナの方が前に進む、という感覚ははっきり感じますね。
やはりジオメトリの違いが大きいのでしょうか。こうして同時に乗り比べて初めてわかる程度の違いではあるのですが、長距離を走ったりしているとそのわずかな違いが大きな意味を持ってくるのかもしれませんね。

 

最後に乗ったのはFUJIのラフィスタでした。

f:id:carlomenta:20180304014543j:plain

ぶっといタイヤを装備した街乗り系クロスバイクですね。
ここまで10kgを切るような軽量なバイクばかり乗ってきたので、さすがに11.5kgのラフィスタは持ってみてもズッシリとしています。
フレームもぶっとくて溶接部もガッシリ、機敏さに関してはやや譲る感じがあるものの、やはり抜群の安定感でちょっとくらいの段差ならノーストレスで乗り越えられそう。


そんなふうにして、あらかた興味のあるところは乗りつくしてしまいましたので、会場めぐりに戻ることにします。

f:id:carlomenta:20180304014609j:plain

サイスポの掘り出し物めぐりは本当に楽しいですね。

 

f:id:carlomenta:20180304014622j:plain

ドイターのブースでは、自転車用バックパックとして人気の「RACEシリーズ」の型落ちモデルが驚きの半額で叩き売りされていました。
うわぁ、年末に別メーカーのバックパック買っちゃったばかりなんですよね。もうちょっと我慢すれば、ドイターのカッコいいのを安く手に入れられたのに。。。

まあ、掘り出し物あるあるですね。

 

さらに見て歩くと、私がつい先日購入したばかりのヘルメット、Karmor asma2もワゴンセールで40%オフで投売りされているのを見かけました。
さいわい、私は税込み40%オフで購入しておりますので、あやうく安値買い勝負には負けずに済みました。

 

いやはや、こういうイベントのセールは本当に侮れません。気になる小物を買うときは、直近のイベントを確認してからにしよう、というのは肝に銘じておきたいですね。

f:id:carlomenta:20180304014943j:plain

サイクリング小物が充実の野口商会のブース。去年はここでiphone5用のスマホホルダーを買いましたね。ちょっとお試し気分で買える手を出しやすい面白グッズが今年もたくさんあって大盛況です。

 

f:id:carlomenta:20180304015000j:plain

ホール中央のステージでは、元オリンピック代表のプロサイクリストにより、オンライン室内サイクリングマシーン「ZWIFT」のデモが開催されていました。

こんなものを部屋にいれて遊べるくらい、広いおうちに住んでみたいなぁという気はします。

 

試乗はしませんでしたが、マルイシのブースでランドナーの名車、エンペラーが展示されていたので記念にパチリ。

f:id:carlomenta:20180304015044j:plain

細部までこだわった美しいつくり、まさに質実剛健の名車というのふさわしいたたずまいですね。こんなバイクに乗って日本一周してみたい。。

 

さて、さんざんサイスポも堪能しましたのでこれにて今年のお祭りはおわりです。

f:id:carlomenta:20180304015110j:plain

スタンプラリーの賞品一覧は、すでに大当たりから小当たりまでほぼ全部品切れ状態になっていました。抽選はできるだけ早くに行くのが吉ですね。

 

帰りにはちょっと寄り道して温泉へ。

f:id:carlomenta:20180304015126j:plain


自転車三昧の充実した楽しい二日間でした。また来年も楽しみにしましょう。

 

■本日の走行記録(二日間)
・走行距離   56.06km
・走行時間   3時間03分
・最高速度   38.0km/h
・平均速度   18.3km/h
・累積走行距離 5747.9km

 

さいたまサイクルエキスポ2018

f:id:carlomenta:20180227012750j:plain

今年もいってきました、サイクルエキスポです。

 

今回はコーダーブルームスタッフによるミニサイクリングツアーにも参加しようと思ったので、ちょっと早めに家を出ました。

f:id:carlomenta:20180227012808j:plain

まだ開場間もない頃ですが、既に現地は沢山の人で賑わっています。

楽しそう~!

 

さて、サイクリングのエントリー申し込みを済ませた私は、早速本日の試乗第一弾と参ります。

f:id:carlomenta:20180227012851j:plain

いま個人的に注目している、新しいスポーツバイクブランド、NESTOのフラットバーロードバイクオルタナ フラットKです。

 

9.5kgの軽量な車体にロードバイク系のコンポーネントでまとめながら、64,000円というなかなかリーズナブルな自転車です。
乗ってみると、さすがにロードフレームなだけあって良く進みます。
それでいて、28インチタイヤのお陰か乗り心地は非常にマイルド。スピードを出そうと思えば出せるし、ゆっくり走っても快適と、けっこうよく出来てますよこれは。
塗装や溶接の仕上げもとても丁寧で、マイナーなブランドながら気に入りました。

 

f:id:carlomenta:20180227012916j:plain

正面のブースにやけに人だかりができているな、とおもって様子を見てみたら、

 

f:id:carlomenta:20180227012929j:plain

明治の飲むヨーグルトを無料で配っていたので迷わずゲット。パワーを引き出すという機能性食品のようですが、私の上腕二頭筋が飲用後特にパンプアップした形跡は見られませんでした。


次のバイクを物色しながら場内をあちこち歩いていると、早くもお腹が空いてきました。朝ごはん抜いてきましたからね。

f:id:carlomenta:20180227013001j:plain

埼玉アリーナの外では屋台村ができていて、それぞれにおいしそうなものを鬻いでいます。

 

f:id:carlomenta:20180227013018j:plain

数ある屋台から私がチョイスしたのは、麺の小麦からスープ、具材にいたるまで、全てを県産食材でつくったというオール埼玉ラーメンです。
鶏ガラベースのスープは、あっさりしているのにコクがあって見た目以上の食べ応え。のどごしのよい麺に新鮮な具のトッピングもいい感じ。
700円とちょっと割高な気はしましたが、おいしいラーメンでした。さすが、埼玉!

 


さあ試乗を続けましょう。


ちょっと通りすがりに妙なブースを見かけたので立ち寄ってみたところ、

f:id:carlomenta:20180227013039j:plain

あのスポーツ総合雑誌の「Number」とコラボしたらしき見慣れぬミニベロです。どうやら開発中のコンセプトマシンらしく、店頭で見られるようになるのはもうしばらく先でしょう。
ミニベロらしくクイックなハンドリングで一瞬戸惑いましたが、なれると小気味のいい走りで面白いです。ちょっとサイズが大きかったのか、ハンドルが遠い気がしましたね。

 


さあ次はロードバイクへ。

f:id:carlomenta:20180227013056j:plain

おなじみ、Livのブースに行って「一番高いやつに乗せてくれ」と頼んだ結果でてきたのがこれ、ランマ アドバンスト プロ1ディスクです。

フルカーボンのフレームに油圧ディスク、アルテコンポの実に豪華なバイクです。
乗ってみますと、いやあ、やっぱりロードっていいですね。速い速い!
カーボンフレームが細かな振動を吸収してくれるせいか、乗り心地も実に快適。
油圧ディスクの制動も軽い力でシュピッ!とコントロールできるので、ブラケットポジションでのブレーキングも苦になりません。
女性向けらしくハンドル幅はかなり狭くなっています。これぐらいのほうが私にはいいかもしれませんね。

 

こりゃいいや!よし買おう!

 

 

f:id:carlomenta:20180227013140j:plain

お次は憧れのパナモリ、ORCC31です。基本的にフレームオーダーのバイクですね。
このシンプルで渋いスタイル。やっぱりこういうのが好きですね私は。

さすがに最先端のカーボンロードの後に乗るとやや無骨な感じではありますが、ペダルの踏み込みに素直に反応してくれる感じはやはり羊の皮を被った狼の秘めたる実力を感じさせます。
それでいて、乗り心地はなんだかしっとりしていてゆっくりのんびり走るのも悪くない。
これがパナモリの実力かぁ。かっこいいしなぁ。

 

うーん、欲しいぞ!買おう!

 


さて、会場をめぐりながら、各所に置かれたコバトンのスタンプを集めるスタンプラリーも楽しみます。10個集まったので抽選所に向かいましたところ、

f:id:carlomenta:20180227013252j:plain

なんと、見事小当たりを引きましてシリコンのライトをゲットしました。やったぁ!


この後はお待ちかねのミニサイクリングツアーです。

f:id:carlomenta:20180227013305j:plain

集合場所に向かったのですが、午前中の穏やかな天気が一変、午後に入って強い風が吹きすさぶ荒れた天候になってしまいました。


これは危険、ということで後一歩のところでサイクリングツアー中止の決断が下されてしまいました。
まあお天気のことですから仕方ないとはいえ、残念だーーーッ!

 


当然ながら会場周辺を廻る試乗コースも閉鎖。風が収まるのを待ちますが、どうせ今日は無理でしょ、と高をくくった私は場内見物と掘り出し物探しに切り替えます。

 

f:id:carlomenta:20180227013328j:plain

ステージではホイールの脱着方法の極意をレクチャー。
ンなもんひっくり返してビャッて外すだけやんけ、と思っていたのですが、いろいろと細かいコツのようなものがあるようです。勉強になりました。

 

さて引き続き会場を歩き回って、パンフレットやら粗品やらをしこたまゲットして、背中にかついだリュックはもうパンパンになってしまいました。
今日のところはこれにて退散することとしましょう。

 

初日の獲得品はこんな感じ。(お花は関係ありません)

f:id:carlomenta:20180227013921j:plain

全国各地のサイクリング・観光マップ類、カタログのほか、ステムバッグ、チェーンステイカバー、ナビタイムの手ぬぐい、キャットアイのネックウォーマーなどを手に入れました。
高価なものは買っていませんが、このガラクタ掘り出し物探しもサイクルエキスポの楽しみの一つです。

 

 

よし、ヒマだから明日も行くぞ!