自転車日記

自転車あそび、はじめました。

夏開幕の狼煙は今年もまた足立であがる

今年も花火の夏がやってまいりました。


日差しの強い夏は昼間のサイクリングはほんとうにおっくうになるのですが、花火目的なら基本的に陽が傾きだしてからの走行になりますので、暑さ問題も多少は回避できます。
夏は花火X自転車こそ最強タッグなのであります!


さて、今年の栄えある夏花火第一弾は、やはり足立の花火からとなります。
去年よりも日程が前倒しになっていますね。


家の用事をもろもろ片付けないといけなかったため、出発はやや遅めの16時から。
例によって荒川河川敷をひたすら進みます。

 

f:id:carlomenta:20170728011725j:plain

岩淵水門を越えたあたりで、東京スカイツリーがみえてきました。


この日は南東の風がやや強く、荒川を下流に向けて進みますと向かい風になるものですから、普通に走るのも非常に難儀します。
まだまだ気温も高めとあって、体力の消耗がかなり激しいのを感じます。
距離にしてたったの30kmちょっとなので大丈夫だろ、と思ってたんですが、ちょっと帰りが不安になってきました。

f:id:carlomenta:20170728011741j:plain

ヒイコラヒイコラと1時間半ばかり苦労したあげく、ようやく打上場所に近い西新井橋までやってきました。

 

この日は南東の風ですので、打上場所の風上側、つまり荒川の北千住側の岸からみたほうがよく見えるはずです。
しかし到着時間がやや遅めだったのと、北千住側は人が混んでいて場所がとりにくいのではと思いまして、結局去年とおなじ西新井側の河川敷からながめることにしました。

というわけで橋を渡ります。


コンビニでおやつなどを買い込んだのち、自転車は所定の駐輪場に停めます。

f:id:carlomenta:20170728011804j:plain

首都高の高架下のスペースが駐輪場になっています。もう18時過ぎでしたがまだまだ停める余裕はあるようでした。


さあ、観覧場所に進みましょう。

f:id:carlomenta:20170728011825j:plain

場所はほぼ打上ポイントの真正面になります。風向きからして、もう少し東側に場所をとったほうがいいかな、とも思ったのですが、めんどくさくなったのでここで手を打つことにしました。

 

f:id:carlomenta:20170728011853j:plain

こちらもかなりの混雑ではありますが、独り身の身軽さもあって、わりと簡単に場所を取ることができました。

 

カメラの三脚をスタンバイして、いざ臨戦態勢に入ります。

f:id:carlomenta:20170728011935j:plain

さあ、宴が始まりましたぞ!


約1万2千発をほんの1時間のうちに打ち上げる密度の濃さが足立の花火の最大のウリです。

f:id:carlomenta:20170728012021j:plain

ひとつのプログラムが5分~10分と長く、終わったか?と思わせるとすぐにまた花火が打ちあがる切れ目のなさが素晴らしい。

 

f:id:carlomenta:20170728012104j:plain

やはりやや風下になってしまいましたが、風が強い分、煙はさっさと流れてしまうので鑑賞に支障はありません。

 

f:id:carlomenta:20170728012149j:plain

大迫力ですねぇ~!


さて、今年も大満足の花火大会で幸先もよろしいようです。すっかり堪能しましたのでとっとと家路につきましょう。

 

大挙してすすむママチャリ軍団をパスしたあとは、この真っ暗闇の河川敷をたったひとり寂しく進みます。

f:id:carlomenta:20170728012256j:plain

昼間の向かい風のサイクリングがよほど足に来たらしく、自転車はそのへんに打ち捨てて帰りたくなるほど、帰り道は非常に堪える旅となりました。

 

うーん、まだまだ体力が足りませんね。

 

 

■本日の走行記録
・走行距離   60.92km
・走行時間   3時間08分
・最高速度   38.9km/h
・平均速度   19.4km/h
・累積走行距離 4534.2km

 

スポーツサイクル講習会・輪行編~炎天下のサイクリングはやっぱりキツい

また越谷市スポーツサイクル講習に行ってきました。
ここんちのイベントには、自転車を買う前からの初心者講習、メンテナンス講習からサイクリング中級とたびたびお世話になっています。
年齢層もスキルも幅広く参加できるゆるい雰囲気に加え、参加費が安いというのもポイントが高いですね。

 

今回のお題は、「サイクリング実践・輪行に挑戦しよう!」というものです。

 

こう見えても私はサイクリングの半分くらいは輪行をかませているので、場数は十分です。
あらためて教わることはあまりないかもしれませんが、他のひとのやり方を見てみるのも面白いでしょうし、なにしろ60kmほどのサイクリングができるとのことなので参加してみることにしました。

f:id:carlomenta:20170717022258j:plain

 さて当日。ちょっと時間ギリギリで現地に到着してみますと、もうさっそく参加者たちが集合場所に集まって出発の準備を整えています。

 

それにしても暑い。。。
この暑さが嫌で夏になってからというもの昼間のサイクリングはなるべく控えていたのですが、今回は仕方ありません。

 

凍らせたスポーツドリンクと、さらにマグボトルにもつめたい飲み物を準備、首に巻くタオルには保冷材を仕込むなど、万全の装備で臨んでおります。
でも、日焼け止めを塗るのを忘れていました。。。

 

それでは出発です。

f:id:carlomenta:20170717022324j:plain

メインのコースは江戸川サイクリングロードになりますので、そこまではしばらく市街地を進みます。
坂道らしい坂道はほとんどない、のっぺりと平坦な道ばかりですので楽ちんですね。

 

f:id:carlomenta:20170717022339j:plain

さあ、江戸川サイクリングロードに到着。ここから先は川にそってひたすら南下していきます。

 

とても綺麗に整備されて見晴らしもいい素敵なコースですが、なにしろ一切日陰がありませんので、この炎天下の中を走るのは非常に堪えます。
一人サイクリングなら適当に足をとめて水を飲んだりもできるのですが、グループの足を乱すのを恐れてなかなかそれもできません。
走りながらでも飲める自転車用のボトルというのは、こういう時にありがたいものなんですね。

 

 

サイクリングロードに乗ってからほぼ1時間、ノンストップで走り続けてさすがにキツイな、と思ったところでようやく小休止。

f:id:carlomenta:20170717022409j:plain

スピードは20km/hそこそこのかなりゆっくりした速度で、距離もたいしたことはありませんが、さすがにこの炎天下となると消耗は激しく、参加者だけでなくホダカのスタッフさんもちょっとくたびれ気味のようです。

 

さて、十分に補給を済ませてから再出発。ここからはサイクリングロードを離れてまた市街地を進みます。

f:id:carlomenta:20170717022438j:plain

やけに狭くてシブい街並みを通るな、と思ったら柴又帝釈天をとおりかかりました。
ここに来るのは私は初めてです。とても立派なお寺ですね。

 

そこからはさらにしばらく下町の道を通ります。

f:id:carlomenta:20170717022511j:plain

狭い車道に車のとおりも多く、信号だらけでおよそサイクリングに向いたコースではありませんね。

 

小岩のあたりまでやってきて、ここで昼食タイムとなります。

f:id:carlomenta:20170717022534j:plain

入ったのは、新小岩駅の近くにあるラーメン屋支那麺 はしご」です。


どんな店だろうと思ってちょっと期待していたんですが、なんと去年、このあたりに用事があってきたときにたまたま訪れたことのあるお店でした。
うーん、知らないお店初体験ができると思っていたんですが、これはちょっとめぐり合わせが悪かったですね。

f:id:carlomenta:20170717022553j:plain

頼んだのは、高菜の苦味に刻んだ柚子の香りが絡む具がなんとも香ばしい、醤油ラーメンです。のどごしのいい細麺がスープによくからんで、見た目以上に食べ応えのある逸品です。
運動したあとの空きっ腹に染み渡りますねぇ。。。


さて、再び出発。

f:id:carlomenta:20170717022610j:plain

船堀のほうまできました。去年はいろいろと用事があったのでこの辺をうろうろする機会が多かったのですが、自転車で訪れてみるとハッとするような新鮮な景色に感じますね。

 

f:id:carlomenta:20170717022625j:plain

さあ、流れる風に潮の香りが混じってきました。そろそろゴールは近いようです。

 

f:id:carlomenta:20170717022650j:plain

大きな歩道橋を渡ったところで、

 

f:id:carlomenta:20170717022703j:plain

目的地の葛西臨海公園駅に到着!
休憩、昼食あわせて約4時間、距離は40kmほどのサイクリングでした。

 

f:id:carlomenta:20170717022721j:plain

いやあ、暑い中お疲れ様でした。
ホダカのスタッフさんよりちょっとしたお菓子とミネラルウォーターの差し入れがありました。
ただの水がこんなに美味しく感じるとは!五臓六腑に染み渡るとはまさにこのとこですね。

 


しばらく休憩した後で、いよいよ本日の講習のメイン、輪行講座が始まります。

f:id:carlomenta:20170717022741j:plain

各自、きちんとパックしないとお家に帰れませんから、真剣なまなざしでスタッフの説明に耳を傾けます。

 

f:id:carlomenta:20170717022843j:plain

お手本では縦置き型ロードバイク用の輪行バッグを使いますので、エンド金具の装着が必要です。
このエンド金具というのがめんどくさそうだな、と思って私のバッグは横置き型を選択したのですが、やはり装着はかなりややこしそう。

 

f:id:carlomenta:20170717022913j:plain

スタッフさんの手際もなんだかたどたどしくて、あれこれやり直したりして手を真っ黒にしながらようやく装着完了。たいへんそうだな。。


次は、ホイールを本体に括りつけます。

f:id:carlomenta:20170717023006j:plain

ここでもスタッフさんの手際が悪い。。パッパとやればもっと簡単にできるはずなんですがねぇ。

 

f:id:carlomenta:20170717023032j:plain

なんとかセッティング完了して、さあ袋詰め、となったところでどうしてもファスナーが閉まらない!というアクシデントに遭遇。サイドスタンドをつけたままだったのが原因です。
やれやれ、大丈夫かしら。。。


輪行がはじめての参加者さんたちは私以上の不安を抱えながら、ともかく各自作業に入ります。

f:id:carlomenta:20170717023109j:plain

私はもう慣れたもので、3分でパパッとパッキングが終わってしまいますので、他の参加者さんたちの様子を悠々と見物にまわりながら、いろいろお手伝いしたり口出しアドバイスします。

 

f:id:carlomenta:20170717023125j:plain

こちらのクロスバイクでお越しの参加者さんも、エンド金具の装着に大変苦労しておりました。

 

f:id:carlomenta:20170717023139j:plain

タバコを吸いにちょっと席を外したところ、駅前の噴水に綺麗な虹がかかっておりました。

 

f:id:carlomenta:20170717023204j:plain

なんだかんだと1時間ばかりかかって、ようやく参加者みなさんのパッキング作業も完了したようです。
まあ、私も始めてのパッキングのときは1時間くらいかかりましたからね。こんなものでしょう。

 

と、まだまだ悪戦苦闘する方もいらっしゃいました。

f:id:carlomenta:20170717023224j:plain

ただでさえデカいフレームの車体に、この大きなサスフォーク。。。スタッフからレンタルされたロード用の輪行バックには到底収まるはずもなく、最後はあきらめてちょっと角がニョッキリ、の状態になってしまいました。

 

自転車にあった輪行バッグ選びも重要なポイントですね。

 


ともかく、なんとか全員かついでホームへ向かいます。

f:id:carlomenta:20170717023257j:plain

この大きな荷物を抱えた一団、はたからみるとなんじゃこれ、って感じでしょうね。

 

f:id:carlomenta:20170717023323j:plain

電車が来ました。いざ、乗り込もう!ドキドキ。。。!?

 

f:id:carlomenta:20170717023357j:plain

最後尾の車両に乗りましたが、なにしろ十数台分の輪行バックが一度に乗り込みますとこのありさまです。席が空いていて良かったですね。

席について他の参加者と軽くお話をしていると、抗いがたい眠気に襲われついウトウト。。。

 


1時間ばかりまどろみながら電車に揺られた末、出発店の越谷レイクタウン駅に到着。

輪行講習の仕上げ、こんどは開梱作業に入ります。

f:id:carlomenta:20170717023425j:plain

やはり私はさっさとコトが済んでしまいますので、他の参加者の作業見物にまわります。
さすがに開梱のほうはさほど苦労することもなく、皆さんなんとか元の走行状態に戻すことができたようです。

 

こうして楽しいサイクリング・輪行ツアーも無事終わり。
予想通りめちゃくちゃ暑くて非常にしんどかったですが、楽しかったですね。
輪行講座も、他の人のやりかたを見ているといろいろ参考になる部分もありました。

 


さて、帰ってきてみますと。

f:id:carlomenta:20170717023503j:plain

半袖のシャツに日焼け止めも塗っておりませんでしたので、やはりこの惨状になってしまいました。時間が経つごとにヒリヒリと痛んできます。
うーん、やはり日焼け対策はきちんとしておかないといけませんね。


距離も速度もぜんぜんたいしたことはありませんでしたが、この暑さで相当に消耗が激しく、家に帰るとほとんどバタンキュー、翌日までろくに体が動かせなくなってしまいました。

そろそろ歳というものを考えないといけませんかねぇ。

 

■本日の走行記録

・走行距離   44.29km
・走行時間   2時間47分
・最高速度   32.4km/h
・平均速度   15.8km/h
・累積走行距離 4473.3km

 

 

西武球場で初観戦!~勝敗のゆくえは?

もう1ヶ月も前の話になってしまいましたが、西武ドームプロ野球セ・パ交流戦を見に行ってきました。

西武ドーム周辺は私の定番サイクリングスポットですが、野球を見に行くのは初めてですね。
何しろ縁もゆかりもない横浜ファンなもので、観戦はほとんど職場から通いやすい神宮ばかりだったのです。


さて、チケットはあらかじめコンビニで購入しておきます。
西武球場のウリは外野自由席の芝生エリアなんですが、さすがに人気なのかお値段も外野のクセにやや高め、そして目当ての日程は既に売り切れでした。。。
しょうがないので内野立見席を選択することにしました。

 

試合開始は14時、開場はその2時間前ということなので、良い席を確保すべくめずらしく早起きしてsono1を駆りだしました。

勝手知ったる狭山湖までの道のりですから、さほど障害も無くあっというまに現地に到着。

f:id:carlomenta:20170710003959j:plain

自転車は球場入り口すぐ横の無料駐輪場に停めることとします。

さあ、いざ戦場へ!

 

f:id:carlomenta:20170710004028j:plain

並び始めたのは11時半頃でしたが、そのころ既に入り口にはこんな行列が出来ていました。
うーん、最近は横浜戦もかなり人気が出て来て、神宮のチケットを取るのすら困難になってきましたが、やはり交流戦となるとさらに手ごわいのかもしれませんね。

私は立ち見の自由席ですから、いい場所が取れるかかなり不安になってきました。


そして12時、いよいよ開場です。ウワーッと人の波が前に押し流されていくのに身を任せるようにして、入場ゲートへと進みます。

f:id:carlomenta:20170710004055j:plain

さて入ってみると、やはり並んでいたのは外野自由席チームの人が多かったようですね。私は立ち見とはいえ内野券を持っていましたので、制限エリアを越えてさらに先に進むと、もうどこでも場所取り放題なくらい十分な余裕がありました。

 

f:id:carlomenta:20170710004109j:plain

結局、立見席の一番前でフィールド全体を見渡せる絶好のポジション取りに成功しました。
やはり、早起きは三文の徳ですね!

 

西武ドームは他球場と違って、ビジター側がライトスタンドになります。この辺のローカルルールもなかなか面白いところですが、あらかじめ調べておかないと戸惑ってしまいます。

 


良い席を確保できてすっかり満足しましたら、こんどはお腹が空いてきました。
ここんちの球場メシは屋台形式のお店がずらりとならび、価格もさほどボッタクリ的なところはなくなかなか魅力的ではあったのですが、せっかく自転車がありますので外に食べにでることにしました。

f:id:carlomenta:20170710004132j:plain

自転車で10分ほど走った先にある坦々麺の専門店でお昼をいただきます。
この日はあまりお腹の調子がよくなかったので、こんなの食べて大丈夫かなと少し心配だったのですが、とてもおいしゅうございました。

お店の名前、忘れちゃった。。

 

さあ、球場に戻って試合観戦と参りましょう!

f:id:carlomenta:20170710004204j:plain

盛り上がってるぅ~!

 

f:id:carlomenta:20170710004228j:plain

横浜の誇る日本の4番筒香選手のバッターボックス。

 

f:id:carlomenta:20170710004306j:plain

私のイチオシ、現在セリーグ首位打者宮﨑選手!前日は横浜の逆転勝利を呼び込む値千金のホームランを放ってノリに乗ってます。

 

さて、試合のほうは先発の平良投手が早々に打ち崩され、打線も3回に2点を返したもののそれ以降はなかなか反撃の糸口がつかめない厳しい展開。うーんこりゃ敗色濃厚。。。

あまり根を詰めると精神衛生上よくありませんので、イニングの合間に球場をおさんぽ。


西武球場はドーム型ですが、壁がないので心地よい風が通り抜けます。東京ドームのようなところですとかなりの密閉感と閉塞感があるのであまり好きではないのですが、ここならまるで野外のような開放感があります。
当然空調は効きませんので夏は暑いそうですが、ここ、気に入りました!

 

f:id:carlomenta:20170710004427j:plain

いたるところに売店とかもあって食欲をそそるのも心憎い。

 

f:id:carlomenta:20170710010727j:plain

おっ、さっきまでグラウンドで応援していたマスコットガールのディアーナちゃんたちが観客席まで来てくれました!

 

f:id:carlomenta:20170710004536j:plain

ふぉぉぉぉ。。。か、かわいいなぁ。。。ッッ!
あまり怪しいオッサンがイヤラシイ目で写真パシャパシャしてると変な目でみられるかな、と思ってほどほどに退散。

 

f:id:carlomenta:20170710004607j:plain

試合のほうは、平良投手のあとを受けた国吉投手が苦労しながらもなんとか試合を建て直し、

f:id:carlomenta:20170710004624j:plain

ここのところ調子をあげてきた平田投手も好投して打線の反撃を待ちますが、ヒットこそ出るものの、どうしてもあと一本が生まれず得点が奪えません。

 

f:id:carlomenta:20170710004639j:plain

私の好きなエリアン選手もヒットで出塁。でも得点に絡むことはできませんでした。。

 

f:id:carlomenta:20170710004659j:plain

新外国人のシリアコ選手は、再三のチャンスで凡退、この日はツイてませんでしたね。

 

f:id:carlomenta:20170710004725j:plain

そんなこんなで試合の流れは最後まで変えることができず、あえなく敗戦。。。

 

f:id:carlomenta:20170710004738j:plain

西武球場は敵チームの勝利のハイタッチに涙を呑むつらい思い出を残すことになってしまいました。

 

f:id:carlomenta:20170710004800j:plain

失意に暮れて退場ゲートへ向かいます。一塁側の観客はみな、なんとなく足取りも重そうな。

 

f:id:carlomenta:20170710004835j:plain

さて帰り道ですが、西武線西武球場前駅は当然ながらこんな感じ。
都心部から来る人にとってはひどく辺鄙なところにある球場ですから、車以外だとこの電車のほかにアクセスはありませんのでしょうがないですね。

 

もちろん私は自転車なのでそんなのはお構いなし。小さな小さな優越感を味わえる瞬間が、ここにはあります。

 

f:id:carlomenta:20170710004858j:plain

まだ明るいですし、また多摩湖周辺を軽く廻ってみましょうか。

 

f:id:carlomenta:20170710004909j:plain

深い緑に囲まれたサイクリングロードは、いつ走っても気持ちのいいものです。

 

f:id:carlomenta:20170710004927j:plain

狭山湖のダムに上がって夕日を眺めます。

試合に負けたショックも、ほんの少し、やわらいだような気がします。

 

■本日の走行記録

・走行距離   36.22km
・走行時間   1時間56分
・最高速度   38.1km/h
・平均速度   18.6km/h
・累積走行距離 4301.8km

 

ムーミン谷は飯能市にあり!?~あけぼの子供の森公園、こいつぁ本格的だ!

埼玉県の南西部に位置する飯能市は、どういうわけかあのムーミンとのつながりが深いようです。
有名な西川材をはじめとした林業で盛んな街ですが、山野と川など自然豊かな土地柄があの童話のイメージと通じるものがあったんでしょうかねぇ。

 

ともかく、飯能には「ムーミン谷」と呼ばれる施設が二つあります。
一つは開業前ですが、「メッツァ」というまさにムーミンテーマパークです。
そしてもう一つが、今回訪れる「あけぼの子供の森公園」です。

あけぼの子供の森公園は、もともと特にムーミンを意識して作られたものではないそうですが、自然との調和をテーマにつくられた建物、野山の地形を活かしたおとぎ話のような美しい景観で、いつしかムーミン谷」と呼ばれるようになったようです。


私はムーミンは絵本もアニメもさほど見た記憶がありませんので、その辺にはあまり興味はなかったのですが、自宅からもさほど遠くはありませんので、サイクリングスポットとして丁度よさそうです。早速行って見ましょう。

 

と、現地に乗り込む前にまず腹ごしらえを。

f:id:carlomenta:20170619014807j:plain

中通りかかった、狭山市駅の近くにある武蔵野うどんの店、「麺処 まると」です。
この地域ではなかなか評判の店のようなので期待して中に入ります。
いつもうどんばっかり食べているので、今回は肉汁つけ蕎麦を頼んでみました。

 

しばし待って出てきたのは!

f:id:carlomenta:20170619014828j:plain

すごいボリューム!!!

 

どんぶりになみなみと満たされた漬け汁は、たまねぎ・豚肉・うずらや香草などがどっちゃりと入っていて、これだけで十分お腹一杯になってしまいそうな豪快さ。
お蕎麦も並盛りなのにけっこうモリモリですね。

 

たまねぎの甘みがしっかり溶け込んだツユ、ジューシーな豚肉に柚子の清冽な香りが食欲をわきたてる、大変乙な一品。これは美味い!

かなりの量があるので、お昼は軽く済ませようと思ってたのですがお腹一杯になってしまいました。

 

ふう。。。

 

お店は近所のひとらしき家族連れが入れ替わり立ち代りで賑わっています。顔馴染みの客も多そうですね。噂どおり、地元で愛されるお店のようです。いい店をみつけました。


さあ、お腹も膨れましたので先を急ぎましょう。
ここから目指すムーミン谷までは30分ちょっとくらいですね。

f:id:carlomenta:20170619014915j:plain

豊水橋から入間川を眺めます。川遊び、楽しそうですね。


さて、ほどなくして現地についてみますと、なにやらドンドコドンと賑やかな歓声が聞こえてきます。

f:id:carlomenta:20170619014947j:plain

女子ホッケーの試合をやっていました。大学生の大会のようですね。
飯能市はホッケーに力を入れているそうで、学生から社会人までいろんなチームが活動しているんだそうです。

それにしても、見ているだけでも痛くなってきそうな、激しいスポーツです。

 

 

f:id:carlomenta:20170619015006j:plain

それではようやくあけぼの子供の森公園に潜入してみましょう。入場無料です。

 

f:id:carlomenta:20170619015047j:plain

たくさんの人が訪れていますね。
遠くになにか見えるぞ!

 

f:id:carlomenta:20170619015100j:plain

おお、キノコみたいな変な家!おもしろそう!

 

f:id:carlomenta:20170619015207j:plain

横のドーム上の大きな建物には大勢の人が集まっています。なにかイベントでもやっているんでしょうか。

 

f:id:carlomenta:20170619015220j:plain

とりあえず、気になるキノコの中に入ってみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170619015231j:plain

人のお宅に入りますので、靴はもちろん脱がないといけません。
トレッキングシューズは脱ぎ履きが面倒なんですよね、普通のスニーカー履いてくりゃよかった。。

 

f:id:carlomenta:20170619015303j:plain

表玄関が混雑していたので、裏手から入ってみますと、まずは10人くらいがダンスパーティでも開けそうなホールに入ります。

 

f:id:carlomenta:20170619015316j:plain

どうせ見た目だけの張りボテみたいなもんだろう、と高をくくっていたのですが、いやいやどうして、中は立派な丸太の無垢材で組まれたポスト・アンド・ビームの本格的な木造建築です。
こういうの、私好きなんですよね。

 

f:id:carlomenta:20170619015357j:plain

内部はらせん状に回遊しながら上にのぼっていく構造で、ゴチャゴチャとしていますが明るい採光と吹き抜けで開放感があります。
金属の手すりなどはアールヌーボーっぽい曲線が与えられて木材とうまく調和しています。

 

キノコは二つの塔が合わさったしくみになっています。

f:id:carlomenta:20170619015410j:plain

これは小さいほうの塔のてっぺんですね。
放射状に伸びた丸太が塔の屋根を支えています。当然、地元自慢の名産、西川材をふんだんに使っていることでしょう。

 

f:id:carlomenta:20170619015426j:plain

居間?らしきところにはこんな隠れ穴のようなしかけもあって、大勢の子供達がキャッキャ騒ぎながらかくれんぼ。
いたるところに隙間や不思議な空間が設えられたこの建物は、一日中かくれんぼしてても飽きないでしょうね。これは楽しそう!

 

f:id:carlomenta:20170619015448j:plain

ちょっと一人になりたいときは、こんな静かな小部屋をどうぞ。

 

f:id:carlomenta:20170619015521j:plain

さあ、大きいほうの塔のてっぺんにも上ってみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170619015541j:plain

うえから見下ろすと、さきほどの居間からその先までずっと見通すことができます。

 

f:id:carlomenta:20170619015553j:plain

塔のてっぺんはやはり丸太でドームを支える構造。けっして飾りの子供だましではなく、隅から隅までしっかりつくられた素敵な建築です。これはいい!


大して期待していませんでしたが、おもわず面白いものを見れて大興奮でした。いやぁ、こんな家、住んでみたいですよね、ですよね!?

 

それでは次に進んでみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170619015625j:plain

小川のなかに浮かぶ釣り小屋です。

 

f:id:carlomenta:20170619015639j:plain

この小屋も杉を中心とした無垢材で作られています。

 

f:id:carlomenta:20170619015650j:plain

なかなか画になるもんですねぇ。これがムーミンと呼ばれるゆえんでしょうか。

 

さらに森の中をすすんでみます。

f:id:carlomenta:20170619015706j:plain

突然現れるツリーハウス
子供のころはこういうのを見ると狂喜乱舞していましたがね。まあ、今でも大して変わりはありませんが。

 

f:id:carlomenta:20170619015724j:plain

無骨な鉄板を鋲で繋ぎ合わせて造った橋が現れます。
ここだけなんだかスチームパンクっぽいですね。

 

f:id:carlomenta:20170619015738j:plain

杉で作られたデッキを渡って、さらに奥に進んでみます。

 

f:id:carlomenta:20170619015748j:plain

どんづまりには、滝があるとのことですが、残念ながらこの日は営業していなかったようです。

 

f:id:carlomenta:20170619015814j:plain

次に現れたのは、垂直に立てた丸太が大きなアーチを描く、森の家です。
ここはかなりモダンなデザインですね。

 

f:id:carlomenta:20170619015840j:plain

しかし中にはいると、やはりログハウスのような無垢材につつまれたナチュラルな内装。

 

いやあ、こんだけ沢山の丸太を使って、実に贅沢だこと!広い空間と高い吹き抜けでとても開放感のある建物です。
ここはムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンの事跡を振り返るミニ資料館のようになっています。

 

f:id:carlomenta:20170619015918j:plain

外観ではちょっと重厚なイメージを醸していた外壁も内側にまわるとこの優しさと軽やかさです。視線が自然と上に誘われて、その先には燦燦と光を取り込む天窓が。

 

 

f:id:carlomenta:20170619020021j:plain

二階にあがると読書スペースが設えられています。

 

f:id:carlomenta:20170619020030j:plain

こんなところでお勉強すればきっとはかどる。。。かな?

いやあ、これも面白い建物でした。

 

f:id:carlomenta:20170619020100j:plain

最後は入り口にあったドームに入ってみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170619020132j:plain

ちょっとした演奏会もできそうな広い空間です。窓を開け放して、心地よい風が通り抜ける気持ちの良い空間です。

ここは木材を曲げたボールトで屋根を支える構造ですね。
木の柱と漆喰塗りの板材だけで作られています。かなりのこだわりが見えますねぇ。

 

f:id:carlomenta:20170619020144j:plain

ああ、その気持ち、わかります。

 

f:id:carlomenta:20170619020218j:plain

外に出てドームの屋根を見てみます。


驚くべきは瓦材なんですが、自然石を薄くスライスしたものを敷き詰めてあります。

f:id:carlomenta:20170619020235j:plain

ここまでこだわるとは!見た目だけでない、本物志向ですね。

 

f:id:carlomenta:20170619020247j:plain

ドームから公園を見下ろします。
さほど広くはない公園ですが、面白いものがいっぱいあって十分に楽しむことができました。予想以上によかったですね。

 

f:id:carlomenta:20170619020521j:plain

そして帰り道は入間川サイクリングロードをスイスイ進みます。
生い茂る木の間を通ったり、川の流れをみやったり、とても気持ちいいコースです。しかも、信号や車道との交差がないため起点の豊水橋から川越の初雁橋まで、ノンストップで走り抜けることができます。

 

f:id:carlomenta:20170619020534j:plain

初雁橋まで、だいたい30分で着きました。いやぁ、快適サイクリングでしたね。

 

■本日の走行記録

・走行距離   32.81km
・走行時間   1時間48分
・最高速度   48.3km/h
・平均速度   18.1km/h
・累積走行距離 4265.6km

 

 

お尻の痛み対策~サイクルインナーパンツとやらを試してみる

sono1に乗ってサイクリングをしていると、およそ50kmほど走ったあたりからお尻に鈍い痛みが蓄積してくるのを感じています。

 

坐骨を立ててサドルに座っているので、骨が尻肉に刺さるような感じになってきます。

f:id:carlomenta:20170611174430j:plain


まあ耐え難いというほどではありませんし、乗ってればそのうち慣れてくるかなと思って大して気にもしていなかったのですが、もう2年にもなるのに一向に改善しません。

少し長い距離を走った後は翌日までこの痛みが残るので、1日走ったら翌日はサイクリングをお休みせざるを得ないという状態になっています。

 

やはりこれからもう少し距離を伸ばしていこうかなと思うと、お尻が心配になってきますので、ようやく対策に乗り出すことにしました。

 

当初考えていたのは、サドルをクッション性のある柔らかいものに変えることです。

 

現在sono1につけているのは購入時の純正のものですが、厚め・薄めとタイプが選べるのについ見栄を張って薄めを選んでしまったんですよね。

f:id:carlomenta:20170611174658j:plain

だって薄くてシュッとしているほうがかっこいいじゃん。。。

 

一般的なエントリークラスのクロスバイクには、こんな感じのやや分厚めなサドルがついていることがおおいですね。

f:id:carlomenta:20170611174717j:plain

 

もっとスポンジたっぷりのふわふわ系サドルになるとこんなのも。

f:id:carlomenta:20170611174808j:plain

 


うーん。やっぱりシュッとしてない。。。嫌だ、こんなの!

 


そんな感じで、私のお尻救済計画も遅々として進展を見なかったのですが、調べていくうち、サドルよりもクッションパッド付きのパンツを履いたほうが効果は高いらしいことがわかってきました。

いわゆるレーパンというやつですが、インナータイプにすればほぼ普段着で乗っている私のスタイルでも問題なく運用できそうです。

 

よし、これだ!ということで早速ポチしてみました。

 f:id:carlomenta:20170611174840j:plain

ジェルパッド付きインナーamazonで税込1,550円)です。
得体の知れない中国製の安物ですが、小柄な私にも合いそうなサイズがあったのでこれにしました。

 

f:id:carlomenta:20170611174854j:plain

品質管理タグが思いっきりチャイナですね。うーん、またあっちの経済に貢献してしまった。。

 

f:id:carlomenta:20170611174915j:plain

裏っかえすとこんな感じで大きなふかふかのパッドが入っています。

 

f:id:carlomenta:20170611174928j:plain

お尻から前のほうまでかなり広くカバーしていますが、一番大きいお尻部分のパッドはジェルいりで結構厚みがあります。

 

私の場合、このお尻の後ろのほうよりはもっと前、坐骨があたる部分のクッションが厚くなってくれてたほうがうれしいんですが、大丈夫でしょうか・・・!?


ともあれ、早速履いてサイクリングに乗り出してみるとしましょう。

 

まず乗ってみますと、サドルと触れる部分がムニュッとしてサドルの固い部分に直接触れる感じがかなり緩和されます。多少の地面の凸凹に突っ込んでも、お尻に来る衝撃が和らぎます。

お、これはなかなかいいかも!

 

肝心の坐骨部分のクッションは薄めですが、それでもないよりはかなりマシ、という感じがします。

 

ところで履いたまま歩くときは、オムツをつけているようなかなりの違和感があります。

f:id:carlomenta:20170611174955j:plain

普段つかっているショートパンツの下につけていると、外からはこんな恥ずかしいオムツマンであることはまずバレずにすみそうです。

 

うむ、これはいけそう!と思ってしばらく走ってみましたが、次第にお尻に違和感が出てきました。こ、これは。。。

 

痒い!カユイ!

 

どうも素材の特性上、蒸れがくるのはどうしようもないみたいですね。下着の上から装着しているんですが、汗がお尻から足の付け根までじわっと蒸れてきて、時々パタパタしてやらないとかなり痒くなってきます。

高価なブランド品を買えばこのへんはもう少しましになるのかもしれませんねぇ。

 

インナーのお陰で坐骨部分の痛みはかなり軽減されることがわかりましたが、そのかわり帰ってきてみますと、蒸れのせいでお尻の別のところがカブれて赤くなってしまいました。
うーん、どうしたものか。。。

 

まあ、この辺は慣れでどうにかなる部分かもしれませんね。乗り心地自体はかなり快適になることがわかりましたので、長距離を走るときは履いていくようにしましょう。

 

これで夢の100kmもいける!かな?

 

 

 

 

ポピーまつり

5月の末の土曜日。

最近はサイクリングネタ探しにも難儀しており、朝早くから出ればそこそこ遠くにもいけるのですが、早起きする気はありません。

そこで手ごろなサイクリングスポットとして急浮上したのが、先日鴻巣方面の花見サイクリングで情報を仕入れ「ポピー祭り」です。

ややハイシーズンは過ぎてしまったようですが、まだ咲いているようですし、これなら手ごろな距離で問題ないでしょう。

 

こうしてもう日も傾きかける午後になってようやく重い足をペダルに踏み出して一路、会場となる荒川河川敷のポピー・ハッピースクエアへと向かうのでありました。

 

f:id:carlomenta:20170609000454j:plain

途中寄り道して榎本牧場へ。小休止スポットとしてはうってつけですね。

 

自動搾乳機で乳搾りをする牛さんたちをしばし眺めた後、おいしいジェラートをいただきます。

f:id:carlomenta:20170609000512j:plain

 

 

そして再び自転車を乗り出してしばし後、目指すポピー・ハッピースクエアに到着。
アップダウンはほとんどない道のりだったのでらくちんでしたね。

f:id:carlomenta:20170609000552j:plain

先日訪れたときはなにもないただの草原だったのですが、見事な花が咲き乱れています。

 

 

f:id:carlomenta:20170609000626j:plain

さらに会場をすすむと、今度は一面赤いポピーの畑が広がります。

もう夕方なので訪れるひとはちらほら、という感じですが。。。

 

f:id:carlomenta:20170609000657j:plain

 

f:id:carlomenta:20170609000710j:plain

 

 

f:id:carlomenta:20170609000724j:plain

夕方ですのでおまつりの会場ももう店じまいという感じ。もう少し早くこないといけませんね。

 

f:id:carlomenta:20170609000801j:plain

白赤ピンクと色とりどりのポピーが花開く様はなかなか素敵です。

 

f:id:carlomenta:20170609000824j:plain

 


帰りはまた同じ河川敷をえっちらおっちら進んで戻りました。
お手軽サイクリングでしたが、けっこういいものが見れて満足でしたね。

 

■本日の走行記録

・走行距離   61.8km
・走行時間   3時間08分
・最高速度   37.2km/h
・平均速度   19.6km/h
・累積走行距離 4169.7km

 

 

GWサイクリング!その3~味噌豚丼と羊山の芝桜、艱難辛苦を乗り越えて

ゴールデンウィークもとうに過ぎてしまいましたが、第三弾もあるんでした。

 

GWサイクリングのラストを飾るのは、羊山公園で芝桜を見よう!プランです。去年は都合が悪くてチャンスを逃してしまったので、今回こそはと期する思いで自転車を乗り出しました。

ついでに前回来たときにランチした「野さか」の味噌豚丼もまた食べたくなったんですよね。花にグルメにと楽しい旅になりそうです!


さていつもは高麗川駅あたりまで輪行して、国道299号を伝って正丸峠に挑む、というルートなんですけど、今回はお花の前にお昼を食べるために少し早めに現地に着かなくてはならない(でも早起きしようという選択肢はない)ので、もっと楽チンコースでいくことにしました。

 

f:id:carlomenta:20170518000452j:plain

所沢駅から輪行!これで一気に正丸駅までショートカットだぁ~ッ!!

サイクリストの風上にも置けないこの怠惰ぶり、ご批判は甘んじでお受けするほかありません。
まあ、正丸峠までの道のりって、緩くて長い上り坂が延々と続くばかりで正直あんまり楽しくないんですよね。

かといってそのまま正丸峠まで電車でいってしまうと、もはや自転車の意味がまったくありませんので、峠越えとダウンヒルという楽しいエッセンスだけを楽しめるプランを組んだわけです。


さて、西武秩父線にカタコトゆられて正丸駅を目指します。

f:id:carlomenta:20170518000514j:plain

ああ、なんて楽チンなんだ。。。

 

約40分ばかりの乗車の末、スタート地点の正丸駅に到着します。

f:id:carlomenta:20170518000538j:plain

いつもはここに来た時点でかなり消耗してしまっているのですが、楽チンプランのお陰で元気100%!これは峠越えのタイムにも相当期待が持てそうです。

 

f:id:carlomenta:20170518000559j:plain

よーし、こっから峠道だ。行くぞ!


そして登り始めて約10分、

f:id:carlomenta:20170518000615j:plain

もう息が切れてきたので一休み。
おいおい、元気100%で来たんとちゃうんかい!

どうやらそういう問題ではないようですね。

 

さらにヒイコラヒイコラ登って、頂上まであと100m!といところで再び私の心臓が「コンコン」とノックしてきて限界を訴えてきます。

f:id:carlomenta:20170518000634j:plain

こんな山の中で命を落としたくはないので、素直に体の要求に従うことにします。

休憩していると、もう70過ぎかと思われるご高齢おじいちゃんが立派なロードバイクに乗って、この山道をスイスイ登っていく姿を目にしました。

うーん、あんなおじいちゃんにも負けてしまうとは。なんと情けなや。

 

f:id:carlomenta:20170518000658j:plain

ともかく、なんとか心臓が止まる前に峠に着きました。タイムはやっぱり30分くらい。ぜーんぜん進歩してません。はぁぁ。。。

 

でも楽しいのはここから。ビューンと下って一気に芦ヶ久保の道の駅へ。はじめて瞬間最高速度50kmを達成しましたが、怖くなってきたのでやっぱりチキンな私はスピードを出すのはやめておいたほうがいいですね。

 

f:id:carlomenta:20170518000725j:plain

ゴールデンウィーク最終日ということで、道の駅にはみたこともないほど沢山のバイクが停まっていました。

 

さあ、このまま山を駆け下りて一路、豚丼の店へGO!

f:id:carlomenta:20170518000744j:plain

おっす、ブコーさん!今日も凛々しいねぇ。

 


そして午後1時半、目指すお店「野さか」に到着。豚丼、ブタドン♪

 

f:id:carlomenta:20170518000802j:plain

えっ。

そんなことってあるの?まだ1時半ですよダンナ。

 

予想外の事態に、膝から崩れ落ちてしばらくその場から動けなくなる私でした。
うーん、まあ売り切れ御免のお店でしたし、芝桜シーズンですから早めになくなるだろうというのはある程度予想していましたが、この時間で早々にクローズとは。
ちょっとナメてましたね。

 

さて、気落ちしていても仕方ありませんので、代わりのランチスポットを素早く検索します。するとここから3kmのところに、「炭火焼き ちんばた」というこちらもなかなかの評判の豚丼のお店があるのを発見!
俄かに勇気がみなぎってきた私は、再び力強くペダルを踏んで次の目的地に向かいます。


ところがそのお店の立地というのが実にクセ者で、河岸段丘の丘の上にあるのでまたエッチラオッチラと山登りをする羽目になってしまいました。坂道はかなりキツいです。

f:id:carlomenta:20170518000841j:plain

く、苦しい。。。

 

f:id:carlomenta:20170518000957j:plain

もうダメかも、と心が折れかかった矢先に、ついに目指すお店を発見。やれやれです。

 

f:id:carlomenta:20170518001038j:plain

お店は古民家風のシブい内装でいい雰囲気。早速、お目当ての豚丼を注文します。

 

f:id:carlomenta:20170518001048j:plain

キター!!
サラダとお味噌汁と香の物がついて900円なり。

うまい!美味すぎる!

 

ひどい苦労の末にたどりついた豚丼です。美味くないわけがありません。野さかは残念でしたが、かわりにいいお店に出会えてラッキーでしたね。


こうしてなんとか豚丼にもありつけましたので、本日のメイン、芝桜へと向かいましょう。

 

f:id:carlomenta:20170518001130j:plain

と思ったらまた寄り道。
通り道の脇にレトロモダンな佇まいの旧・秩父駅が移築されて無料休憩所として解放されているのを見かけて立ち寄ってみました。

 

f:id:carlomenta:20170518001144j:plain

高い天井が開放的な和洋折衷の建物です。中には江戸~明治期のさまざまな古物資料が展示されています。

f:id:carlomenta:20170518001156j:plain

入り口を入ったところにある吹き抜けからは外の明るい光が採り入れられる構造。
かつてはここを沢山の人が見上げながら旅に出ていったんでしょうねぇ。


さあ、お前は一体いつになったら芝桜に行くんだとお叱りを受けそうなので、いよいよ現地に乗り込みます。

f:id:carlomenta:20170518001219j:plain

駐輪場に自転車をとめて、ここからは少し歩きます。

 

f:id:carlomenta:20170518001241j:plain

わあぁぁ。。。
ちょっとお花のピークは過ぎてしまったかな、という感じですが、それでもやっぱり綺麗です。

 

f:id:carlomenta:20170518001308j:plain

赤、白、ピンクに紫と色とりどりの芝桜が美しい模様を描きます。

 

f:id:carlomenta:20170518001325j:plain

小高い丘の上に上がって全体を見渡します。
うーん、やっぱりちょっと終わってしまってる感がありますね、もう少し早く来ればよかったかな。

f:id:carlomenta:20170518001351j:plain

羊山の芝桜といえば、やはりブコーさんとの取り合わせが定番です。

 

f:id:carlomenta:20170518001411j:plain

それでは屋台村へも突撃してみましょう。さすがにこの時期ですから大変な賑わいですね。

 

f:id:carlomenta:20170518001424j:plain

カミさんへのお土産に、秩父名物・豚肉味噌漬を購入。なんとお店で買うより30円おトク!だとか。

 

f:id:carlomenta:20170518003328j:plain

名残惜しいですが、帰り道も長いのでそろそろ帰るとしましょう。
また来年、満開の時期を選んで来たいですね。


帰り道はまた長瀞方面を廻って寄居駅まで進むプランとします。
メインストリートの彩甲斐街道(国道140号)を進めば一本道なんですが、この道、車通りが多くて自転車歩道がなかったりして自転車にはなかなかつらい部分もあるんですよね。ちょっと他の道を走ってみたかったこともあって、山あいの谷間を縫って進むような県道82号線のルートを通ってみることにしました。

 

川沿いの谷間を通る道のはずだからそんなに登りはないだろ、とナメてかかったのですが、どっこい、いきなりキツイ登りと薄暗い山道になってきたので俄かに不安になってきました。

f:id:carlomenta:20170518001518j:plain

どうもこの日は坂登りばっかりですね、僕はただ、気楽にサイクリングがしたかっただけなのに。。。

 

山道をヒイコラいいながら進んだ先は、いつの間にか長瀞エリアにたどり着いていました。

f:id:carlomenta:20170518001624j:plain

普段は駅のある西岸から岩畳を観光するわけですが、今回はその向かい側の岩壁の上から岩畳を見下ろす、というちょっと変わった体験ができました。

 

f:id:carlomenta:20170518001649j:plain

岩畳の向かいの絶壁の上には遊歩道が通っているのですが、その脇にもさらにこんな荒々しい岩壁が聳え立っているのです。

 

f:id:carlomenta:20170518001710j:plain

長瀞を東側から眺める迂回ルートを経由して、荒川を渡ります。
深い緑が川に覆いかぶさるように茂っています。今回はいろいろ苦労もありましたが、楽しいサイクリングができましたね。

 

f:id:carlomenta:20170518001727j:plain

たっぷり遊んだ末に18:30頃、ゴールの寄居駅に到着しました。

秩父エリアは行くのも帰るのもなかなか大変ではありますが、やはり楽しいですね。

 

 

■本日の走行記録

・走行距離   69.18km
・走行時間   3時間32分
・最高速度   51.3km/h
・平均速度   19.5km/h
・累積走行距離 4094.2km