読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車日記

自転車あそび、はじめました。

花を求めて幾数里~ワンチャン、あるか!?

都心の桜、地元の桜と見て回りましたので、こんどは田舎の桜を見に行って見ましょう。
とはいえ、この日は4月15日の土曜日。もう花の盛りはすっかり過ぎてしまっています。

どこかに咲き遅れた桜はないものかと花見サイトを漁ってみましたところ、どうも鴻巣方面の桜はまだ「満開」マークが付いていました。

おお、これはラッキー!最後のワンチャンあるか?ということで早速自転車を駆り出してみます。

 


例によって東松山駅をスタートして、まず向かったのは吉見百穴

f:id:carlomenta:20170422193546j:plain

古代人のお墓の遺跡と桜のとりあわせがなんとも面白い風景です。
しかし、サイト情報では「満開」のはずだったんですけど、もうほぼ散ってますね。

 

f:id:carlomenta:20170422193604j:plain

せっかく中に入ったので、お山にも登ってみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170422193625j:plain

遺跡の前を流れる市野川の土手にも桜並木が植えられています。あちらももう散りかけな感じですが、とにかく行って見ましょう。

 

f:id:carlomenta:20170422193635j:plain

やはりすでに宴の後といった感じでした。まあ、綺麗っちゃ綺麗ですけどね。

 

f:id:carlomenta:20170422193654j:plain

染井吉野にこだわらなければ、こんな綺麗な花を誇る木もまだまだあるんですけどね。

 


さて、お昼にしましょう。やはり埼玉サイクリングのランチにはうどんが欠かせません。

向かったのは、このあたりで評判の「四方吉うどん」です。

f:id:carlomenta:20170422193714j:plain

けっこう大きくてりっぱなお店です。

とりあえず基本メニューの肉汁うどん(小)と、当店オリジナルのとり天をオーダー。

 

f:id:carlomenta:20170422193724j:plain

なっから、うンまい!

あとで調べてみますと、このお店の真のおススメは当地のB級グルメとして有名な「あぶらみそ」を使ったメニューだそうです。これはまた次回こなくてはいけませんねぇ。


さて次に向かったのは、荒川支流の小さな川の土手に1.8kmもの長さにわたって桜並木が植えられた、「さくら堤公園」です。

 

f:id:carlomenta:20170422193805j:plain

やはりここもかなり散ってしまっていましたが、それでも静かな雰囲気と舞い散る花吹雪でとても美しい光景です。サイクリングロードにもなっているので、沢山の自転車乗りがゆっくりと行き交っています。

 

f:id:carlomenta:20170422193839j:plain

土手には菜の花が咲き誇っています。桜の盛りの時期にきたらさぞかし壮観でしょうねぇ。

 

f:id:carlomenta:20170422193930j:plain

桜吹雪のなかをゆっくり散歩して楽しんでいます。
時期を外しているせいか、人通りもそんなに多くなく、静かでゆったりしたとても雰囲気のいいところでした。気に入りました。


さあ次の目的地に向かいましょう。
お次は一気に荒川をわたって、鴻巣駅前まで行きます。


ここならどうだ!と思ってやってきた鴻巣公園

f:id:carlomenta:20170422194002j:plain

・・・やはり、もう散ってしまいましたね。ネットの情報はアテになりません。

 

f:id:carlomenta:20170422194044j:plain

とはいえ、まだまだ綺麗に咲いている木もあるにはあります。

公園自体はさすがに沢山の桜が植えられて、広くて花見をするにはとてもよさそうな場所です。今度はいい時期を狙ってきてみたいですね。

っていうか、染井吉野っていくらなんでも開花時期が短すぎると思います。

 

f:id:carlomenta:20170422194101j:plain

公園の入り口には芝桜が植えられていました。
ああ、そろそろ羊山の芝桜も見ごろになるでしょう。今年こそは行ってみたいのですが、またあのキッツい正丸峠を越えなきゃいけないかと思うとちょっと気が重くなります。。


さて次は、高崎線にそって北上し、吹上駅のあたりにあるというお花見スポットを目指します。
とはいえ、ネット情報は古くて役に立ちませんし、この辺の桜はもうほぼアウトなことがわかりましたので、桜には期待しておりません。
まあ、後学のためにとりあえず行くだけ行ってみようかなと。

 

f:id:carlomenta:20170422194122j:plain

と、道すがらちょっとかわいい花屋さんを見かけたので寄り道。

小さなログハウス風の建物が素敵ですね。見ていると店主のおじさんが出て来て「これねー、自分で建てたんよ」と自慢げに語りはじめます。店の敷地には店主の趣味のものが沢山並べられてとても楽しそうです。
ついでに、売ってるお花もすごく安いです。

 

オジさんとしばらくダベっていたところ、「荒川のほうでもうすぐポピー祭りってやるんだよ。もう咲いてるかもしれないから行ってみたら?」との情報を得ました。

祭りは来週から、とのことですからまあ、まだ咲いてないだろうなぁとは思いましたが、このまま吹上方面にいって桜の残骸をみにいくのもちょっと残念な気持ちになっていたところですので、これも何かの縁とオジさんの言にしたがって路線変更、荒川河川敷へ向かってみることにしました。

 

f:id:carlomenta:20170422194157j:plain

吉身町と鴻巣市を結んで荒川を渡る御成橋のたもとには、「川幅日本一」の標が立てられています。その長さ、2,537mです。
もう、どこからどこまでが川なのかよくわかりませんね。

 

f:id:carlomenta:20170422194210j:plain

河川敷に降りてみますと、こんな感じのだだっ広い草地のなかをひたすらスイスイと進める気持ちのよい散歩道が伸びています。
左手側は河岸段丘になっていますね。

 

f:id:carlomenta:20170422194233j:plain

さて、ポピー祭りの会場と思われる場所についてみたのですが、やはりというか、花らしきものは全く見当たりません。

一面にうわってるこの春菊みたいな草がポピーの株なんでしょうかね。よくわかりません。
まあ、今回はご縁がありませんでした。

 

さらにしばらく河川敷を進んだところ、「高尾さくら公園」というのを見つけました。
さくら公園というからには、何か目を楽しませてくれるものがあるはず。行ってみよう!

f:id:carlomenta:20170422194250j:plain

段丘の上に整備された小さなお山の周囲に、いろんな品種の桜が植えられています。染井吉野はやはり終わっていましたが、

 

f:id:carlomenta:20170422194309j:plain

八重桜はまだまだ、見事な花を咲かせていました。

 

f:id:carlomenta:20170422194350j:plain

最後になかなか綺麗なところにこれてよかったですね。

 

こんな風にして、今年のお花見サイクリングは終了です。
いまひとつ、コンディションとタイミングが合わない感じではありましたが、いろんなところを見れて良かったですね。

 

また来年が楽しみです。

 

■本日の走行記録

・走行距離   28.88km
・走行時間   1時間49分
・最高速度   35.8km/h
・平均速度   15.7m/h
・累積走行距離 3891.5km