読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車日記

自転車あそび、はじめました。

grunge ロックオンテープグリップを装着!~せめて手触りだけでもバーテープの気分を

サイクルエキスポの帰りがけ、隣接するコクーンシティにある自転車屋さんでさらに新兵器を購入。

f:id:carlomenta:20170301004751j:plain

グランジ ロックオンテープグリップ(税込¥2,052)

 

これ、年末あたりからずっと探してたんですよ。

何しろ私のsono1の安物グリップときたら。

f:id:carlomenta:20170301004816j:plain

擦り切れて穴が開いちゃって、実にみすぼらしいありさま。

もともとペラペラのプラスチックのグリップなので手触りもよろしくなく、さっさと交換したいと思ってたんですよね。

 

で、もはやsono1ドロハン化計画はほぼ諦めモードでしたので、せめてバーテープが巻かれたタイプのこのグリップで雰囲気だけでも味わえたらなと。
バーテープは交換もできるみたいですけど、いろいろ調べたところかなりメンドクサイ、というか難しいようですので実際その気になるかはわかりません。

 

なかなか店舗で売っているのはみかけなかったので、通販で買おうかなと思っていた矢先です。やはり自転車屋はこまめに覗いてみるのが吉ですね。

 

f:id:carlomenta:20170301004905j:plain

初期で巻かれているテープはスポンジ状のいかにも安っぽいもの。まあ、しょうがないでしょう。でも適度なクッション性があって、デコボコした表面が手のひらになじんでいい感じです。

さっそく装着してみましょう。

 

f:id:carlomenta:20170301004934j:plain

オンボログリップはもう用無しなので、カッターで裂いてペリリとはがしてしまいます。

 

f:id:carlomenta:20170301004947j:plain

無事、裸に剥かれた我がsono1のフラットハンドル。


ロックオンテープグリップの名の通り、ハンドルにはボルトで固定するタイプのため、装着は簡単です。

f:id:carlomenta:20170301005003j:plain

もとのグリップがわりと外側にはみ出してる状態だったようなので、ブレーキレバーは約5mmほど内側に寄せる感じになりました。

 

f:id:carlomenta:20170301005018j:plain

無事、左右のグリップを装着完了!簡単かんたん。

大して代わり映えはしませんが、なかなか精悍な感じになったのではないでしょうか。

 

f:id:carlomenta:20170301005029j:plain

スポンジなので日に当たって溶けちゃったり、すぐボロになりそうですが、まあその時はその時で考えましょう。

 

 

思えばこれが私のsono1初カスタマイズ、ってことになるんですかね、そういうの興味ないと思ってたんですけどね、わかりませんね自分ってものは。

 

ともあれ、また次の週末が楽しみになってきたぞ~!!