読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車日記

自転車あそび、はじめました。

夏花火第二弾・あげお花火大会~大迫力の二尺玉に刮目せよ!

2016・夏花火第二弾は、7月30日土曜日に開催された、「あげお花火大会」です。

上尾市というと、東京育ちの長かった私の感覚ですともう雲煙万里の彼方、秘境の奥地なぐらいに遠く感じていたのですが、このたび地図で調べてみましたところ、何のことはない、私のいつものお散歩コースである川越の、荒川をはさんだすぐ北であることがわかりました。

なーんだ、それなら全然近いじゃん!ってかその辺ならしょっちゅう通ってるし!むしろご近所様じゃね!?

てなわけであげお花火をターゲットに決定したわけです。

 

上尾花火も先日の「足立の花火」と同じく、荒川沿いの河川敷で打ち上げられます。
ということは、また荒川サイクリングハイウェイでひとっ飛び?

と思いきや、この日は日差しが強くて大変暑く、日陰など一切ない河川敷の道をひた走るのはかなり辛かろう、と思いまして、少し遠回りですが旧川越街道(国道254)を北上して現地に向かうことにしました。

 

f:id:carlomenta:20160801012659j:plain

バイパスでないほうの旧・川越街道は、こんな風に涼しげなケヤキの並木があったりして雰囲気も良いのです。

 

川越の手前で254に別れを告げて、南古谷方面に向かいます。

f:id:carlomenta:20160801012720j:plain

この当たりは田んぼも広がって、随分田舎の光景になってきます。
私が子供のころ、毎年のように夏をすごした愛媛の田園風景を思い出します。

 

f:id:carlomenta:20160801012730j:plain

入間大橋に到着しました。
入間川右岸の土手上にはもう場所取りをする人たちがチラホラ見えます。
打ち上げ場所は入間川を渡ったさらに向こう側の荒川の左岸になりますので、ここからですと約1kmほどの距離がありますが、喧騒を離れてゆっくりのんびり花火を愉しむなら、これくらいの場所のほうがいいかもしれませんね。

 

f:id:carlomenta:20160801012750j:plain

入間大橋からは、打ち上げ場所となる「リバーサイドフェニックスゴルフクラブ」が見渡せます。
どこかに打ち上げ小屋でも仮設してるのかと思いましたが、ここからは見えませんでしたね。

さらに進んで荒川を渡ると、

f:id:carlomenta:20160801012758j:plain

おお!左岸に場所取りのブルーシートや沢山の屋台が並んでいるのが見えます。あそこがメイン会場でしょうね。近い近い!

 

さて、近所のコンビニで飲み物などを仕入れたあと、会場に向かいます。

f:id:carlomenta:20160801012816j:plain

河川敷に向かう道は交通規制されていますので、途中にあった神社の境内を利用した臨時駐輪場にsono1を停めます。
この大会では、同じような駐輪場があちこちに用意されているようなので、自転車で行くにはうってつけですね。

 

f:id:carlomenta:20160801012905j:plain

会場に入りました。おいしそうな匂いを振りまく屋台の数々に後ろ髪を引かれつつ、よい場所を探して場内を進みます。

 

f:id:carlomenta:20160801012912j:plain

少し進んだところに、大きな土手があって沢山の人が座りこんでいました。まだそんなに混んでいませんし、ここなら手前の木々にさえぎられず良く見えそうです!

 

f:id:carlomenta:20160801013021j:plain

土手の上にあがってみますと、やはりおおかた場所とりでスペースは埋まっていましたが、一人ふたりが座るくらいの隙間はまだまだ確保できそうです。

 

f:id:carlomenta:20160801013037j:plain

そうこうしながら18:00頃、土手上のベストポジションを確保しました。
持参した折りたたみ椅子をセットして、観覧準備完了です。
やはり殺人的な混雑と場所取り合戦を勝ち抜かなければならない都心の花火大会と違って、このへんは気楽でいいですね。
そういえばこの日は隅田川でも花火大会があるそうですが…さんざんな目にあった上にろくすっぽ花火も観れなかった、と碌な思い出がありませんので二度と行きません。

 

f:id:carlomenta:20160801013207j:plain

ようやく日も暮れてきました。
打ち上げは19時からなので、まだ空が明るいうちからスタートすることになりそうです。

 

f:id:carlomenta:20160801013238j:plain

手持ちカメラではなかなか厳しいのですが…

 

f:id:carlomenta:20160801013255j:plain

上尾の花火は、3~5号玉程度の大きさの玉によるスターマインと、単発の7~10号玉(尺玉)の大きな花火を2つの会場で分けて打ち上げます。

 

f:id:carlomenta:20160801013308j:plain

f:id:carlomenta:20160801013425j:plain

 

この大会中、最大の2尺玉が上がると大きな歓声が上がります。
轟音と衝撃波がドゴォーン!!!と響いてきます。大迫力ですねぇ。
あまりに大きくて、広い空一面が光の粒に覆われてしまいます。とてもカメラでは収めきれませんでした。

 

f:id:carlomenta:20160801013333j:plain

ラストはスターマインと尺玉の豪華な競演。
見事なものです。


先日の「足立の花火」では、何パートかにわかれてわりとまとまった演出がされていましたが、こちら上尾花火は花火1発ごとにスポンサーが付いていて、ひとつひとつ紹介しながら打ち上げるため、プログラム的にはやや間延びします(鴻巣花火なんかもそうですね)。
ですがここはのんびりと、花火一つ一つのできばえをゆっくり楽しむのがいいでしょう。
なんといっても、360度なんら視界をさえぎるもののない広い夜空を埋め尽くす、大迫力の尺玉は必見です。
気に入りました。

 

f:id:carlomenta:20160801013449j:plain

帰りは真っ暗闇の荒川サイクリングロードをひた走ります。
夏の夕方ですと虫がとんでもなく沸いてきて走行困難な道になるのですが、夜遅いのでさほどの襲撃にもあわず、無事帰り着くことができました。

 

 

■本日の走行記録

・走行距離   40.02km
・走行時間   2時間08分
・最高速度   43.9km/h
・平均速度   18.6km/h
・累積走行距離 2389.2km